片流れ屋根の住宅

Pocket

北国の冬は雪との戦いでもある。

北国には歌にもある通り「七つの雪が降る」という。

この雪質がゆえに、除雪に対する労力は悩みの種とも聞きます。

今回の事例は「片流れ屋根」です。

 

片流れ屋根とは、切妻屋根を棟に沿って真っ二つに切断した形状の屋根です。

「片流れ屋根」は屋根が一面のため、雨も雪も傾きの方向に一気に流してくれます。

片流れ屋根の家

もちろん雨対策に必要な漏れ対策もしっかりと行い、雪などは玄関先に一切落ちない構造なので、雪を片付ける手間が省けます。

こちらの施主様の場合、広い敷地である事と隣家のことを考えなくてよいために、ある程度の勾配を確保しました。

冬は一気に屋根の上が軽くなることでしょう。

 

「片流れ屋根」は最近非常に多く見られるようになってきました。

小さな敷地でも、合理的でお洒落な住宅に住みたいという若い世代の方々を中心に、建築棟数も増えてきています。

直線美が美しい片流れ屋根のお家って素敵ですよね。

 

片流れ屋根は複雑な屋根構造部分がほとんどないため、工事費用はほかの屋根構造と比較した場合、経済的と言われています。

又、ほぼ1枚屋根のため 雨漏りも少なくメンテナンスチェックも簡単です。

 

台風など雨が集中した場合など、雨樋へ一気に雨水が流れ込れこんだりしますので、雨樋の詰まりなど定期的なチェックもかかさず行って下さい。

 

片流れ屋根のお部屋拝見

高断熱・高気密住宅を基本性能としており、

片流れ屋根の家

広々とした玄関スペース。

片流れ屋根の家

ゆったりしたリビング、キッチンわきのダイニング。

大家族でなければ、コンパクトなうえに十分なスペースを確保しました。

片流れ屋根の家

キッチンスペース。

流しの下は流し台で使うものを中心に。

調理台は広々とつかえるように、吊り戸棚は軽いものメインにとの収納スペースもあります。

片流れ屋根の家

リビングから覗く和室スペースと2階への動線。

もちろん1階、2階ともトイレスペースと洗面スペースを確保。

2階にはサンルームもあり、雨の日や雪の日の洗濯物など天候に左右されずに活用できます。

 

当社では、施主様のご意見を取り入れながら、在来工法と最新の工法を融合させながら、健康で住みやすい住空間をご提供いたしております。

63ファミリーの光熱費公開中

施工事例「オール電化・快適の家」ページへ

ジョイ・コス住宅システムで建てた家の光熱費をご紹介した『チャコの家通信』を無料で差し上げます。

施工事例「オール電化・快適の家」ページへ
株式会社ピコイのホームページへ